書きたいことざっくりと(仮)

妻社長、オレ従業員、子1人、犬一匹。

強迫気味の夫とADDの妻

私は常日頃からこの罪悪感の上に生きている。

と言っても正確には罪悪感と形容して良い感情なのかはわからないが後ろめたいということは確かな気がする。

過去がどうとかということはさて置き

自分自身が些細と思うことですら

それを抱かずにはいられない。

我々夫婦間においても度々議題に上がっており例えるならば何かを妻にお願いをして

自分が座っているという何ら疑問にも思わない状況ですら落ち着かない

単純な話、自分でやらずに人にやらせているということが後ろめたいのだ。

また自分が出来ることは万人が当然のように出来ることであると思っているためどこにいても何をしていても評価を得られる行動に執着してしまい安らぎが得られないのである。要するに極端に自己評価が低くヒエラルキー最下層の奴隷のような心境なのである。

そしてやるべきと思っているものが多いがために周囲を見渡すと無限にタスクが広がっている。

故に何に関しても先廻りで行動し実行するという行動が染みついており疲れていようが

気がついた時には動いている。

もうそれこそパブロフの犬である。

そのため疲労が溜まりピークに達すると

名作フランダースの犬のネロのように

「もう僕疲れたよ」と倒れるのだ。

今の時代、掃除機ですら自ら充電しにいくというのに逆行も甚だしい。

妻にはとてつもなく迷惑な話でありどうにかしたいと思っている。


そして話はその妻のことに変わるが

妻は「ADD」である。

https://welq.jp/37124

「ADD」つまり注意欠陥障害のことで代表的な症状としては注意散漫、無秩序、多動、不注意、物忘れが多いなどでタイプが6種類ほどある。

調べてみると妻はその中で「基本タイプ」ではないかと思う。

そのADDだが本人も私も今までそうでは無いかと疑ってはいたものの確証が得られていなかった。

この病気は一見するとただの怠惰や変わり者のようであるが似て全く否なるものであった。

それを実感した出来事として2人でリビングの引出し収納を整理していた時である。

私は書類やら文房具やら子供の製作物やらが混在した引出しをまず全て空の状態にするために全て床の上に拡げ仕分けをしていた。

すると妻は頻りに「待って」というのである。

私は何を待ってほしいのかわからずに聞いてみたところ「何をどのように分けているかがわからない」というのだ。

私は仕分けの方法については当然

「家の関係書はこの山」「子供のものはこの山」「私のものはこの山」に置いていってほしい旨を説明しながら進めていた。

しかし妻は何をすれば良いかがわからなくなって動けないというのだ。

私には逆に何を言っているのかわからなかった。

私は散乱している書類などを見て

何度言っても片付けられない家を思い出し

ハッとなった。


こういう現象が起こっているとかと

何かが繋がった感覚を覚えた。

それは我々夫婦の間にそびえ立つ「分かり合えない」という静かで冷たく大きな障壁を破壊した時だった。


「またやれてない」「また忘れてる」などと思うたびに私自身のタスクが増えたと気に病み、努力出来ない妻に対して

不真面目さを感じていたが解放された。


理解とは自身をも救う術なのだと改めて知った。



このブログはそもそも自己救済のため

鬱憤を吐き出す目的で作ったもので

思ったこと書きたいことを何でも綴ろうというのがコンセプトである。

がしかしこの記事に関しては純粋に多くの人に読んでもらいたいと思っているため追々もう少し見やすくそして肉付けしていければ良いと思っている。

粛清と情欲のあいだ

会社の行き帰り、外回りの際は電車を

使っているがスマホのカメラのシャッター音をよく聞くようになった。

当然スクショなのだろうと思うし思いたい。

 しかし私はなかなかの正義感…否 歪んだ粛清願望があるゆえに痴漢や盗撮かと勘ぐってしまい頭の中ではCCBの「ロマンティックが止まらない」がシングルリピート状態となる。

ちなみにロマンティックとは「空想的な」「架空の」「虚構的」などという意味のようでよく知らなかった。


それはさておき世の痴漢や盗撮を日課としている諸君にはこのような種の人間がいるということを知っておく必要があるだろう。

私は一見すると人畜無害なリスのようだが

リスはリスでもスローロリス、FFで言えばトンベリ。どうせ伝わるまい。

なんにせよ現行犯逮捕に並々ならぬ闘志を燃やしており公共交通機関を利用する際には「悪い子いねぇ〜か〜」とリスの姿をし

なまはげのようになっているのである。

私はこれまで何度か粛清を行なってきているわけだが相手の腕をつま先が掴み天高々と突き上げ罪を周知させた後には興味はない。

むしろ願い下げだ。

なぜならその後警察署にて犯罪者の如く

丸一日は拘束されるのだ。

容疑者がすぐに認める供述をすれば状況はか変わるが「やっちゃいましたテヘペロ」くらいサクッと認めてくれない限り経験上、

長時間拘束は免れない。

警察署によって通される場所の雰囲気は様々で基本は人の目につかない個室だが

意外とそうでないこともあった。


「ママあの人どうしたの〜?」

「シッ!あっちゃん見ちゃダメ!」


的なことも状況によっては起こりうるかもしれない。

「あっちゃん」は特に誰というわけでも無く今前の席に座っているおばちゃんから聞こえてきたものを無断で利用させてもらった。

なんにせよ良いこと(動機はべつとして)をしたのに苦痛を与えられるというのは望んでいないわけである。


試しに一度同行を拒否してみた。

その結果


「途中で投げ出されては困ります、

何事も最後までやり抜くことが責任であります」


と私の人生をあたかも知っているかのような言葉で私に過去を思い出させ良心の呵責

を感じさせかつ赤子のように無力化させたのでした。

警察こっわ!

私はその後

「おっしゃる通りであります」

と敬礼をしてしまいそうなほど従順になったわけであります。


ハゲに効く鍼

f:id:musasabigogo:20161111200337p:plain

今年の夏前からハゲた。

と言っても加齢や遺伝的なものではなく

いわゆる10円ハゲ要するに円形脱毛症。

原因は言わずもがなストレスだろう。

職業柄エンドレス中間管理職のようなもので常に針のむしろ状態。

雨あられのように降ってくる

無能なウンコ天下り軍団、通称ウンコ雨。

そして管理費の減額をゴールデンウィーク前に要求しゴールデンウィーク後から金額、内容ともに変更してくれというヤカラとも違わない客先。

しかも減額するにはその客先のために雇用したパートさんを解雇しなければならないということを伝えるも「覚悟と言うものは常に持っていなければいけない」などと自己啓発セミナーの如く言ってのける。

しかも続けて「ここがダメなら他にいくらでも働き口はある」と「パンがなければお菓子を食べれば良い」的なことまで言う始末。

あまりの堂々とした物言いに感銘すら覚えた。

がしかしその後我が身に降りかかる天変地異級の厄災を考えると目が覚めた。

危うくお布施を払ってしまうところだった。もはやサイコパスとしか言わざるを得ない。


ちなみにその客先の担当を任されることになった時は私が中途入社したばかりのころで

前任者がしこたま荒らしまくり焼け野原だった。

あまりに焼け野原なものだから見晴らしが良いくらいでイチから始めるよりもモチベーションが上がったものだ。

 例え即戦力を期待した中途入社と言え

そんな無慈悲な担当割りはいかがなものか。

言うなればドラフト1位指名で希望球団に入団するも扱かれまくり故障者リスト入りといった格好だ。

前任者は全くもって無能だったが責任を押し付けられ懲戒解雇となった。


と言うように鬼畜極悪サイコ企業とパンパカパーンな脳みそを持ったウンコ雨経営陣と板ばさみにより私の毛根は生きる気力を失ったのである。


しかし世の中には救いというものが備えられているようである。

それがいわゆる鍼治療である。

正確には鍼と灸を使い施術するもので

やられた瞬間は手と足の指がピーンとなってしまう。

 鍼だけならまだ想像に容易いが灸は逆に

燃えて減少しそうな気さえする。

まさにそれこそリアル焼け野原だ。

不安と期待を胸にやってみた。


なんということでしょう。

ドーナツ化現象と化した頭皮が

匠の手により日に日に髪の毛のハリコシ感すら実感できるほどなったではありませんか。


故障者リストからの脱却はそう遠くないかもしれない。



人選は慎重に

ある日の仕事の一幕。

その日は請け負ったとある小さな
賃貸マンションの外壁修繕の打ち合わせを

・職人(親方60代後半)
・オーナー(50代)
・自分(元請け)の3人で行っていた。


オーナー「ではタイルの色や枚数はそれで問題ないので進めてください」


自分「わかりました、ではそのように致します、他に何か気になる点やご要望はございますか?」


オーナー「工事の内容に関しては特に問題は無いんですがやっぱり店子さんが不安ですねぇ〜」


元々神経質で心配性なオーナーだったが
初めての足場を掛けてまで行う工事で
いつも以上に音の心配と外壁工事という
特性から入居者のプライバシー
はたまた事故などありとあらゆることを
想像し不安になっていた。


自分「そうですよね、お気持ちは十分理解出来ます。
作業時間や工程、危険予知など万全を期して
作業にあたりますのでどうかご安心下さい。」


職人「その田中さんにはあたしら全員
十分に気を遣って作業しますんで安心下さい。」


自分「ふぁ!?」


オーナー「そうですね、店子さんへは工事の説明をして全て理解頂いてますもんね。
あとは御社にお任せしたのだから信じて待つしか無いな」


職人「田中さんも住まいが綺麗になったら
絶対に喜んでくれると思いますよ」


自分「!?!?」
(タナカ?)


職人「しっかしオーナーさんってのは
大変だぁ〜色んな人がいますからね〜
ちなみにその田中さんっていうのは
どのお部屋の方なんです?」


自分「!?!?!?」
(コイツは空耳じゃね〜
なんだこの微妙な感じ…)


オーナー「どの部屋というわけではないですよ
全店子さんですよ。」


職人「えぇっ!全部田中さん?
そいつはおったまげた〜」


色々とお世話になってる職人でもあるし
目上の人ということもあって邪険には
出来ず変な汗をかいていた。


自分(もうヤメろ、むしろお前におったまげてるよ)
「ではタイルの焼き上がり…」

話に割って入りその場を閉めようとするも


職人「皆さん近い人たちなんですかい?」


自分(まだ続けるかジジイ お前のその口
モルタルでも詰めてやろうか)


オーナー「近かった人もいますね〜」

自分(オーナー気付いてないのか?
それとも付き合ってるのか?
どちらにしてもなんなんだこのサイコな会話
もう無理だフィナーレ抜きでエンドロール
いっちゃってくれ)


職人「いや〜このぐらいの戸数だと…」


ヤバい気がしてすかさずシャットアウトした。

自分「ではすみませんが私次の約束がありましてそろさろ失礼させて頂こうと思います。
タイルの件は追ってご連絡致します。」


オーナー「長々とすいません、では連絡お待ちしてます。それではどうか宜しくお願いします。」

オーナー宅を出て
その職人と駅までの道中の会話


職人「みんな田中さんってのはスゴイよな〜」


自分「田中じゃなく店子さん、タナコですよ」


職人「タラコ?」


もう体力ゲージがほぼ無く超必殺技を
出してしまいそうになったのでスルーして
電話かける振りして閉幕。